カフェインシャンプーはどうなるのでしょうか?

この記事をクリックしたあなたもきっと興味があると思います。カフェインシャンプー?それは何をするのですか?薬局のヘアケアコーナーに置いてあったのを見つけたとき、そう思いました。

カフェインは、世界中の多くの人にとって朝の習慣の定番となっています。種類にもよりますが、標準的なコーヒー 1 杯には約 82 ミリグラムのカフェインが含まれています。お茶、エナジードリンク、さまざまなソフトドリンクにも一定量のカフェインが含まれています。集中力と全体的な注意力を向上させるためによく使用されます。

後でわかったことですが、カフェインには脱毛症の治療にも効果がある可能性があります。

それで、脱毛はどうなるのでしょうか?

脱毛は、年齢を重ねるにつれて男性人口の 50% 以上に影響を与えると言われています (Bussoletti、Mastropietro、Tolaini、Celleno、2011)。男性型脱毛症は、遺伝性の脱毛症に付けられた名前です。退行プロセスは正常な毛の成長サイクルの変化によって起こり、毛包細胞は死滅し始めます (Cotsarelis と Millar、2001)。女性の脱毛は通常、更年期障害の副作用です。

証拠はどこにありますか?

2007年の研究では、カフェインで治療した後に毛包の発毛が増加したという結果が示されました。わずか 0.001% と 0.005% のカフェインで、実験に使用された毛包の破壊を元に戻すことができました (Fischer、Hipler、Elsner、2007)。

Live Strongによると、カフェインを摂取すると、一定期間後に血流を通って毛包に到達する可能性があります。ただし、シャンプーの形で頭に直接塗布すると、より早く毛包に到達することができます。これは、2007 年の別の研究によって検証され、シャンプーによってカフェインが血中に数時間留まることが示唆されました (Otberg、Teichmann、Rasuljev、Sinkgraven、Sterry、Lademann、2007)。

2011年の別の研究では、脱毛を経験している40人の男性を対象とした実験で、カフェイン豊富なローションを使用した2か月の治療後の成功率が75%であることが報告されました。 4 か月後には 83% に上昇しました。脱毛が止まり始めると、髪は強くなったと言われています (Bussoletti、Mastropietro、Tolaini、Celleno、2011)。

カフェインの影響は、男性と女性の両方の毛包に対してテストされています。 2014年の研究結果によると、女性の毛包はカフェインに対してより感受性が高いものの、カフェインが男女ともに発毛の可能性を促進するという主張を裏付けることが示された(Fischer et al, 2014)。

しかし、カフェインが多すぎるということはあるのでしょうか?

どうやら、あります。 ウォール・ストリート・ジャーナルは、カフェインが多すぎると髪に悪影響を与える可能性があることが他の研究で判明したと述べています。記事によると、臨床インストラクターのイングリッド・ローズボロー博士は、正しい情報がなければ「どのくらいの量が多すぎるかを正確に予測する」のは難しいと述べています。

つづく...

この理論は興味深いものですが、まだ完全に調査されていない、または真実であると確認されていないことは注目に値します。それでも、仕事前に早朝のコーヒーを飲みながらこの理論を共有するのは興味深い理論です。

ジェシカ・テスタの言葉

雑誌:

Bussoletti, C.、Mastropietro, F.、Tolaini, MV、Celleno, L. (2011)。男性型脱毛症の治療における化粧品カフェインローションの使用。 J Appl Cosmetol、29、167-80。

Cotsarelis、G.、および Millar、SE (2001)。脱毛とその治療の分子的理解に向けて。分子医学の動向、7(7)、293-301。

Fischer, TW、Herczeg-Lisztes, E.、Funk, W.、Zillikens, D.、Bíró, T.、Paus, R. (2014)。インビトロにおける男性および女性のヒト毛包における毛幹の伸長、基質および外根鞘ケラチノサイトの増殖、ならびにトランスフォーミング成長因子β2/インスリン様成長因子1媒介の毛周期調節に対するカフェインの異なる効果。英国皮膚科学会誌、171(5)、1031-1043。

Fischer, TW、Hipler, UC、Elsner, P. (2007)。インビトロでのヒト毛包の増殖に対するカフェインとテストステロンの影響。国際皮膚科学ジャーナル、46(1)、27-35。

Otberg, N.、Teichmann, A.、Rasuljev, U.、Sinkgraven, R.、Sterry, W.、Lademann, J. (2007)。シャンプー配合物を介した局所適用カフェインの毛包への浸透。皮膚の薬理学と生理学、20(4)、195-198。


当社の最も売れている向知性エネルギードリンク